○ プロフィール

モモママ

Author:モモママ
☆たるチワ会長
ポメ(ポメラニアン)

☆副会長
モモ(チワワ)

☆書記
モモママ

☆名誉会長
サクちゃん(MIX)

○ 最近の記事
○ カテゴリー
○ カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
○ 月別アーカイブ
○ 最近のコメント
○ 最近のトラックバック
○ ブログ内検索
○ フリーエリア

banner

○ フリーエリア

○ フリーエリア

○ フリーエリア

○ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
FC2カウンター
モモグッズ購入サイト

フリーエリア

カードを送った人ももらった人も当たる! 『春のプレゼントキャンペーン』 ないものはない!お買い物なら楽天市場 日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

フリーエリア

毛皮買いません同盟

同盟バナー知っていますかピンク長動


--/--/--//-- * --:--
○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2007/07/20//Fri * 15:24
○苫小牧で動物虐待

北海道苫小牧で動物虐待の事件が続いています!
虐待はかなり悪質で、
私の愛する酪農大国北海道で、こんな虐待が起こるなんて
許せません。
苫小牧付近の方は、散歩中でも厳重注意をお願いします。
一刻も早い犯人逮捕が望まれます。

以下北海道新聞より。



犬や猫を切断 悪質な動物虐待、苫小牧で8件続く(07/19 08:31)
 
【苫小牧】胆振支庁は十八日、苫小牧市内で昨年七月以降、切断した犬や猫の死体を路上に放置するなど悪質な動物虐待行為が八件発生していると発表した。苫小牧署は動物愛護管理法違反の疑いで捜査している。

 同署と同支庁によると、昨年七月二十五日、同市内の路上で、小型犬が腹部の皮膚の一部を切り取られた状態で死んでいるのが見つかった。その後も頭部が失われたハト、頭部と尾と足先だけが路上に置かれた猫、後ろ足と尾が切断された猫などが見つかった。いずれも現場付近に血痕はなく、別の場所で切断された後、夜間に放置されたとみられる。

 冬期間は今年一月に猫の死体の放置が一件あり、六月二十五日と七月十三日には、散歩中に拾い食いをした犬が帰宅後にけいれんを起こして動物病院で手当てを受ける事例が相次いで発生。また七月十一日に、頭などが切断された猫二匹の死体が見つかった。

 犬の例では、苫小牧署が嘔吐(おうと)物を分析して原因を調べている。

スポンサーサイト


[TOP]
copyright (C) 2006 たるチワジャーナル all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。